旦那をこき使いたい

f:id:pyon4:20171019162345j:plain

 

旦那の目線で、いわゆる「尻に敷かれる」感じの日常を描くと
なんだか皮肉とか哀愁があってチャーミングですよね。
ある種の自虐ネタに近いというか。

 

でも、妻の目線で旦那にこき使われてる感じを出すと
今の世の中だとちょっと引かれるかもしれません。

 

男女平等とか、育児の協力体制とか、夫婦間のコミュニケーションとか。

 

ぶっちゃけ、その辺りにもの申したいわけではありません。
でも私は、旦那の目線で、あえてこう言いたいです。

 

旦那をこき使ってみるって、楽しそう。

ガチャポンの確率とは

http://free-illustrations-ls01.gatag.net/images/lgi01a201403030400.jpg

 

※ガシャガシャ(ガチャガチャ)、ガチャ、ガチャポン、ガシャポンなど
いろいろ呼び方がありそうですが、ここでは私にとって馴染みのある
「ガチャポン」で統一させていただければ幸いです。

 

 

子供はガチャポン好きですよねー。
アンパンマンやらディズニーやら
バリエーションも超豐富。

 

ここでふと、思いました。
「ぜんぶでるのには、いくらぐらいかかるんだろう……」

 

答えはすでに、あっさり出てました。

keisan.casio.jp

 

ガチャをコンプリート(全て揃える)するのに
必要な回数の期待値を計算してくれています。

 

こちらによると、平均して
4種類で8.333回
5種類で11.4167回
6種類で14.7回

 

つまり、種類の倍以上の回数が
求められる、とのこと。

 

プリキュアは現在6人いるので、
15回まわさないと全部揃わないかもしれないのです……!

 

それなら最初から、ヤフオクなりメルカリなり
揃ってるのを買った方が安上がりでは?
と言いたいところ。
しかし、子供にとってそれは愚問です。
自分でまわし、ケースを開ける時のドキドキすらも
ガチャポンのエンターテインメントの一つなのですから。

 

 

そしてこれは、ハッピーセットにも同じことが言えます。

sp.mdj.jp

 

期間限定で、よくサンリオとかプリキュアとかも
コラボするじゃないですか。

 

あれも結構、ハラハラするんですよね。
なぜなら、おもちゃは選べないんです。

 

ちょっと前の、サンリオコラボの時は
かなり緊迫……。

 

日頃の行いが良いのか、無事にお目当ての
マイメロちゃんをゲットしてました。
やったー!

 

https://www.sanrio.co.jp/wp-content/uploads/2017/09/mx_-mcdonalds_happyset_1709_01.png

ブランコに乗ったら自分がくさい

f:id:pyon4:20171018144422j:plain

 

子供を持つことで、いろんな発見があります。
その中の一つが、自分の老化。
あまり認めたくはないものの、おっさん化している事実を
ストレートにぶつけてくることってないでしょうか。

 

体力の低下、好奇心の減退、涙腺の弱化などなど。
私はブランコに乗った時、それに気付きました。

 

いつも通り、娘をひざに乗せ
順調に高度を上げていきます。
そこで感じた、あるにおい。

 

「くさ」

 

しかし、不快感を認識したのは一瞬。
どこか懐かしくもあるような気がします……。

 

そう、これは私自身の加齢臭。
ブランコに乗った時、前後に揺れる1秒前の自分がそこにいるわけで
風を切りながら自分のにおいを残し、同時に感知しているのです。

 

ブランコをこぎながら、
私も老けたなあと
余計におっさんじみた想いを抱きました。

子供の行動は天然のサプライズ

f:id:pyon4:20171012052649j:plain

 

子供は予期せぬ行動をするもので、
ある時は驚き、ある時はハラハラし、
楽しませてくれます。

 

エピソード1

妻が体調を崩し、寝込んでいた時のこと。
娘と二人での夕食中、どこか落ち着かない様子。

「どうしたの、おにぎり食べないの?」
と聞くと
「うん。いらない」
と言うのです。

おやおや、娘も体調悪いのかななんて思っていたら
自分のおにぎりの半分を妻に持っていったのです!

食べてない→元気がない
と判断して、自分のおにぎりを差し出したのでしょうか。

 

や、やさしい……。
こうしたコミュニケーションを見たのは初めてだったので、
成長を感じました。

 


エピソード2

かつて「ごほうびお菓子」というシステムにしていました。
トイレなり、片付けなり、お着替えなり
娘がやりたがらないことを上手にクリアしたら、
ごほうびにちょっとしたお菓子をあげるというもの。
(しかし、これは自発性を損なう点で良くないらしく
今ではなるべく控えております)

 

ご参考までに

allabout.co.jp

 

そこで、トイレトレーニングの後にいつも通り
ごほうびお菓子をあげたんです。

「もういっこちょうだい」

一瞬、欲張りかと思って「ダメ!」と叱りそうになりましたが、
いつもはそんなこと言わないので何か引っかかりました。

 

そこでちょっとした好奇心で、二つ渡してみたのです。
どうするのかな、二つ食べるのかな……
と思いながら様子を見てみることに。

 

すると、二つ目を妻にあげていたのです!

 

課題を解決できた達成感と
ごほうびをもらった喜びを、
誰かと共有したかったんでしょうね!

 

これを見てちょっとした感動を覚えました。

 


子供の行動は、大人の常識や思考にとらわれません。
最初はいたずらやルール違反に思えて
条件反射的に叱ってしまいそうですが、要注意。

おそらく何か違和感を抱くと思うので、
まずは見守るようにしてみてはいかがでしょうか。

きっと、子供の素敵な一面が見られるはずです。

急性胃腸炎にかかりました

みなさんは、家庭の中で
お笑いでいうところのボケですか、ツッコミですか。

 

妻はボケて笑わせるタイプでも
ツッコミで賑やかすタイプでもありません。
なんというか、日常で笑いを取ろうという意欲は低い。
(まあ普通の主婦はそうだと思いますが……)

 

でも、ごく珍しくおもしろいことを言うんです。

 

ある時、娘が急性胃腸炎にかかりました。
早い話が、吐いちゃうやつ。

 

そして当時、娘がはまっていたのは
サンリオのけろっぴ。

 

珍しく夜中に体調を崩し、緊急事態の不安とパニックで
多少、テンションがあがっていたのでしょう。

 

「げろげろげろっぴだね」

 

翌日、娘は元気になりました。

 

f:id:pyon4:20171012050308j:plain 

やきそばキャラを巡る謎

子供を持つと、アンパンマンの世界に触れる機会が多くなります。
それまではアンパンマンファミリーやバイキンマン一味といった
主要メンバーしか知りませんが、
ほかにも、たくさんのキャラクターがいるんですよね。

その数、なんと1768。
これはギネス記録でもあるようです。

2009年6月24日には、ギネス・ワールド・レコーズによって1768体ものキャラクターが「最もキャラクターの多いアニメシリーズ」として認定されている。

アンパンマンの登場人物一覧 - Wikipedia

 

そこで見つけたのが、こちらのキャラたち。

まずは、やきそばパンマン。

https://tgws.plus/anpandb/image-735l

やきそばパンマン | アンパンマンキャラDB



そして、やきそばパンマンの妹である、やきそばかすちゃん。

https://tgws.plus/anpandb/image-569l

やきそばかす | アンパンマンキャラDB


ついでに見てほしいのが
やきそばパンマンの愛馬である、こちら

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51JxseWQTRL.jpg

やきそばパンマンの愛馬の名は「ソース」(笑) - ひなぴし

 

その名も、ホワイトソースです。

 

ホワイトソースという食材は実際にあるらしく、
グラタンとかに使うらしいですね。

http://www.heinz.jp/-/media/heinzjp/assets/img/products/productimage/p00012/1.ashx?h=250&la=ja-JP&mh=250&mw=250&w=250&hash=F6FBEBAE59759AB40A37CFC20C9C34057E8912EC

http://www.heinz.jp/products/white-sauce/white-sauce

 

さらに、ホワイトソースを使う焼きそばは
「ホワイト焼きそば」として認知されているようです。

f:id:pyon4:20171004133209p:plain


でも、やきそばパンマンとやきそばかすちゃんは
明らかにソース焼きそばですよね。

ていうかそもそも、
妹の「やきそばかす」っていうのが
やきそばの断片ていうニュアンスで
ちょっとフェミニズム的志向からするとどうなんでしょう。

 

なんかもうちょっとうまいこといかんかったのか!
となってしまいます。

このモヤモヤ、どうしてくれようか……。

 

とりあえず次の週末のお昼ごはんは

やきそばで決まりですね。

護身術

f:id:pyon4:20171004132229j:plain

 

手首をチョップして、ピストルとか凶器を落とさせる
護身術みたいなやつあるじゃないですか。

 

あんなのを使うことは一生ないだろうと思ってましたけど、
子供がハサミを振り回してる時とかに使えることが判明しました。

 

護身術は、女性だけじゃなく
パパさんも身に付けておいた方がよろしいですぞ!